会陰切開しなくて済んだのはオイルパックのおかげ

 

妊娠中期ごろになると気になる出産時の痛み…。

出来れば会陰切開はしたくないと、助産師さんに教えてもらった方法で、お手軽な会陰オイルパックをしました。出産時、無事に会陰切開をせずに済んだ私がやっていた、会陰オイルパックのやり方をご紹介します!

会陰マッサージ?オイルパック?どっちがいい?

効果あり!初産で会陰切開せずに済みました

妊娠中期にあたる、5カ月~9カ月(16週~35週)ぐらいに産院の助産師さんから会陰切開について教えてもらいました。

会陰切開は、分娩時に赤ちゃんが出かかった際、お母さんの会陰を「じょきんっ!」とハサミで切るというもの…。

初めて聞いたときは、「そもそも会陰ってどこ?」という感じでしたが、赤ちゃんが出て来るところと肛門の間の、ツルツルしたところとのことだそうです。

産院によっては、ほとんどの人が切るよ~というところもあれば、出にくかったら切りますねというところもあるようで、分娩中の様子にもよるんだとか。

助産師さんから聞いた話だと、元々の妊婦さんの皮膚の性質も関係するそうで、必ず全員ではないとのことです。

ハグミーばばあ
私の母は、切られるとき、ジョキ!って聞こえたらしいです(苦笑)

その効果音での説明でめちゃくちゃ怖いーーー!!!!と思ってましたが、私はというと会陰切開しませんでした。

私のオススメは会陰パック!

陣痛の次に怖いと言っても過言ではない会陰切開ですが、私は教えてもらったやり方で会陰パックをしていたおかげで、会陰切開しませんでした!

ハグミーばばあ
分娩時にお世話になった助産師さんいわく「経産婦さんの傷が10としたら、あなた1か2で済んでるわよ!」とのこと…!(笑)

その当時の出産レポートはこちら!普通の人より傷が少なく済んだそうです◎

会陰切開の予防としておすすめな会陰パックのやり方や、おすすめオイルについて書きたいと思います。

会陰パックのやり方

会陰切開の予防でよく知られるのは「会陰オイルマッサージ」かなと思いますが、それよりも簡単に気軽にできる「会陰パック」がおすすめです!

会陰パックはスキンケア発想

会陰オイルパックは皮膚を伸ばすのではなく、保湿して伸びやすい皮膚にする「スキンケア」という考え方です♡

会陰オイルパックのやり方
  1. 準備:カレンデュラオイルをコットンにしみこませる
  2. 清潔な手でそのコットンをひとつ取り、会陰をUの字を意識して拭く
  3. ショーツに生理用ナプキンをセッティング
  4. 会陰にコットンを挟みショーツを履く
  5. そのまま挟んで寝る

会陰の皮膚はかなり薄く、手の親指と人差し指の間の水かきのような感じです。

会陰マッサージはそこをぐーっと下に押し広げるのですが、会陰パックは保湿して皮膚を伸びやすくするという考え方!

めちゃくちゃ簡単で、会陰マッサージより抵抗なくできます。これならズボラな私にもできると思って、妊娠中期からたまにやってました。

毎日しなくても大丈夫で、2〜3日に1回のペースでいいそうです!

会陰パックはいつからすべき?

私は、一人目を出産した際は、妊娠中期の7カ月ぐらいからしていました。二人目妊娠中は日々の生活が忙しく、すっかり忘れていたので、やり始めたのは8カ月ぐらいです!

会陰切開するかしないかは、その人の元々の皮膚の特徴にもよるとのことなので、やってみようと思ったのが吉日!(笑)いつからでも遅くないのでやってみてください。

オイルコットンの作り方

毎回ボトルから取るのは面倒なので、ジップロックのタッパーに作っておきました。

カレンデュラのオイルコットン

オイルコットンの作り方
  1. 清潔な容器にコットンを1枚敷く
  2. オイルをかける
  3. またコットンを敷く、オイルをかける
  4. これを繰り返し、オイルがひたひたな状態にする

密封しておけば、オイルは酸化せずに清潔な状態で保てます◎

オイルのつけ具合は、つまんで絞ってもぽたぽたと落ちないぐらいの感じでOKです!

会陰マッサージのやり方

私は会陰パック派だったのですが、会陰切開の予防でよく知られるのは「会陰オイルマッサージ」でした。助産師さんに教えてもらった方法はこうです。

会陰オイルマッサージのやり方
  1. 手を洗って清潔にする
  2. 指にオイルをつけて膣の横側から下側に向けてUの字のように優しく押し広げる
  3. さらにオイルをつけて会陰部分をくるくるマッサージする
  4. 2と3を数回繰り返す(2〜5分程度)

私はちょっとマッサージは抵抗があったので、一度チャレンジしたものの、やめてしまいました…。やっぱり会陰パックの方が、手軽だし、気持ち的にも抵抗なくできますね。

会陰パックにおすすめなオイル

私が使ってたのはヴェレダのカレンドラベビーオイル(カレンドラとも書かれます)。

市販されていて手に入りやすいのはヴェレダかAMOMAだと思います!お値段もそんなに変わらないので、ブランドの好みかな~。

後で説明する、コットンパックの作り置きにはヴェレダのボトルの方が使いやすいと思います!

created by Rinker
ヴェレダ(WELEDA)
¥2,750 (2021/08/05 11:47:10時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
AMOMA natural care
¥2,499 (2021/08/05 11:47:11時点 Amazon調べ-詳細)

カレンデュラというのは花の名前で、マリーゴールドのこと。マリーゴールドにはこんな効果があります。

カレンドラオイルの効能

  • 日焼けや皮膚の炎症を抑える(カロチンによる皮膚再生作用があるため)
  • 生理痛を抑える(エストロゲンに似た働きを持つため)
  • 月経不順や更年期障害を防ぐ(エストロゲンに似た働きを持つため)
  • 風邪を早く治す(発刊・解熱作用があるため)

いつもはAmazonや楽天市場でお買い物することが多いのですが、このオイルは海外コスメ通販ベルコスメで買いました。

私が買った時はAmazonより1000円ほども安かったんです。

海外コスメが激安に買えるし、何と言っても嬉しいのが1点からでも送料無料なところ。笑

WELEDA(ヴェレダ)のカレンドラオイル 、いまみるとなんと52%OFFでした…!

ハグミーばばあ
Amazonより1,200円も安くて驚き。笑

切りたくない、でもマッサージ嫌な人はパックを

会陰切開の予防は、一度のケアだけではなく、継続して皮膚が保湿されていることが大事です。

分娩時に、気を付けたいのが、まだいきんでOKになっていないときに、いきんでしまうこと。子宮口が開いていないときにいきむと、会陰裂傷といって切開せずに裂けてしまいます…!分娩時にも注意してくださいね~!><

妊娠中期・後期と、お腹が大きくて苦しい中、長く続けられる方法を考えるとオイルパックにたどり着きました。

出産準備のひとつとして、ママの気持ちがリラックスするようなアイテムを使うのがいいのかなーと思います!

ハグミーばばあ
安産になりますよーに!♡
あなたにおすすめの記事